酒蔵見学

5.3放送 酒蔵に酒蔵見学について&大阪地酒会新酒まつり酒レビュー”井坂酒造”、”浪花酒造”

今回の放送は”ほっぺ”さん”雨衣子”さんのおねぇさん方が日本酒の魅力をお伝える放送回です。

前回までは2回に渡って「大阪地酒会新酒まつり酒レビュー」をメインにお届けしていましたがまだ実は1蔵分紹介できていないんですが、その紹介を行いつつ、酒蔵というものそのものにスポットを当ててお話ししていただきました。

そして今回のファーストソングですが、大阪で活躍中のインディーズアーティストMuicy(ミュージー)の”ダックスフントのうた”です。

アーティスト:Muicy(ミュージー)

Piano&Vocal :MEMUMI
Guitar&Vocal :HIKARI
女性アコースティック・デュオ。

アメブロ : http://ameblo.jp/muicy/

facebookページ : https://www.facebook.com/pages/Muicy/201109193379454

Twitter : https://twitter.com/muicy_official

2008年3月6日 JR吹田駅(大阪府)にて路上ライヴを開始。
イベント、Live House、Live Bar等を中心に活動中。

曲:ダックスフントのうた

ダックスフントの目線で描いた歌詞を明るくポップに歌っていてダックスフントの足取りのような愛らしい曲調でわんこ好きにはたまらない1曲となっています。

◆ライブ情報

2016年5月18日(水)
KENG presents「繋がりVol.23」
場所:pine farm(大阪・江坂)
時間:OPEN 19:00/START 19:30
チケット:2,000円(1ドリンク付き)

タイムスケジュール:Muicyは2番目です。

【タイムスケジュール】
1.KENG  19:30〜20:00
2.Muicy  20:05〜20:35
3.前山佑樹 20:40〜21:10
4.瀬戸颯太 21:15〜21:45

イベント終了後~BAR TIME

 

※更新が遅れていますので直近のものも公開させていただきます。

2016年5月10日(火)
場所:SILVER WINGS(京都・祇園 ライブバー)
時間 : 会場 19:00 / 開演 19:30
チケット:前売り1,700円/当日2,200円(共に別途ドリンク代)
出演者:Cue/NaNa/Muicy/本井美帆
※Muicyの出演時間は19:30の予定です。

 

それではいつも通りの日本酒の話題ですが、大阪地酒会新酒まつりでの未紹介の酒蔵さんからご紹介させていただきます。

井坂酒造(岸和田)

http://www.kishiwada-cci.or.jp/omiyage/html/isaka/

この酒蔵さんの特徴ですが、大量生産はせず、品質重視にこだわった昔ながらの手造り醸造の、濃醇で軽快なお酒を作られているようです。

・純米大吟醸 三輪福 純米大吟醸 精米歩合45% 酒度+2

ふくよかな味と香りが特徴。
例えるなら:寒いギャグを連発しても笑顔で受け止めてくれる小料理屋の女将
大吟醸は冷やしすぎるとトゲが出てくるが、これはキンキンに冷やしても柔らかく、幅広な口当たり。旨みが濃く、膨らみが強く、しっかりとした余韻が感じられる。

・しぼりたて新酒 本醸造 精米歩合65% 酒度+1

華やかな香りが特徴。
例えるなら:だからいつも通っちゃう、小料理屋の女将
力強いのに優しい、華はあるけど素朴。

実は、ARのアーカイブ記事に載せそびれている1蔵があったうようで改めてご紹介させていただきたいと思います。大変失礼いたしました。

浪花酒造(阪南)

http://www.naniwamasamune.com/
ほっぺはこのHPのコラム「酒蔵がこっそり教える本当に美味しい日本酒の選び方」で日本酒を勉強した。

・無我無心 純米大吟醸 精米歩合35% 酒度+3

純米大吟醸のしずく部分のみを集めた最高傑作。
例えるなら:仏
どこまでも澄み切る無我の境地を感じる。上品で柔らかくてスムーズ。ちゃんと最後にパンチはある。格別という言葉が相応しい。

・浪花正宗特別純米辛口 特別純米 精米歩合60% 酒度+14

スッキリ辛口で後口のキレが最高。
例えるなら:5枚刃のカミソリ
雨衣子さん好みの、ドライなお酒。後口がスパッとキレが良い。しかしアルコールのパンチは控えめで、飲みやすい。

 

それでは今回のメインテーマ酒蔵についてですが、”4月~11月は蔵見学の時期!”だそうです。
酒造りのメインシーズン12~3月の蔵はとてもピリピリしていてひと段落ついたこの時期から、蔵を開放する酒造も多いそうです。もちろん酒蔵見学へ行きたいと考えるのであれば事前の確認が必要です!

見学の可不可、システムは蔵ごとに違います。また最近はHPから予約できる場合もありますのでしっかりとチェックしてみてください!そんな酒蔵で音楽イベントや寄席など日本酒と一緒に楽しめる独自のイベントを行っている蔵、レストランや立ち飲み、直売所を併設している蔵もあるので見学に行く際には要チェックです!

ただ予約してまで行くのは敷居が高い…と考えられているのであれば事前予約不要の蔵やミュージアム、蔵開きなどのイベント時を狙うのがオススメです!そんな時に役立つサイトですが”日本酒カレンダー 蔵開き・蔵開放特集”というものがありますのでチェックしてみてくださいね!

http://nihonshucalendar.com/kurabiraki.php
他にも全国の日本酒イベントをカレンダー形式紹介してくれる心強いサイト。

月桂冠大倉記念館(京都市伏見)
http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/museum/index.htm

 

白鹿記念酒造博物館・酒蔵館(兵庫県西宮市)
https://www.hakushika.co.jp/museum/
白雪ブルワリービレッジ長寿蔵ミュージアム(兵庫県伊丹)
http://choujugura.com/museum.html

 

蔵見学に行く時の注意

・前日から納豆は控える→納豆菌が酒に悪影響を与える。杜氏さんも仕込みの時期は納豆は食べない。同じく、ヨーグルトなど菌が
・長い髪の毛はくくる、化粧は控えめに→酒に異物が混入しないように。

蔵見学の楽しみ=飲むだけじゃない日本酒の世界が広がる

・日本酒で仕込んだおつまみ、日本酒を使ったスウィーツやパンなど、アルコールが飲めない/弱い人でも楽しめる美味しさがいっぱい。
・日本酒がいかに奇跡的な飲み物かがわかる複雑で手間のかかる製造工程。
・歴史を感じられる。長い年月を経た趣ある佇まいの蔵も多い。近くに歴史的な名所がある場合も。
・水のきれいな場所に立地しており、自然の豊かさも実感できる。
・汲みたての日本酒の試飲も(あ、コレ飲む楽しみだw)

また5月は第5週までありますので第5週は普段と違ったアフタヌーンレーダーをお楽しみいただけるかと思いますのでご期待下さい!

そして次回の”ほっぺ”さん”雨衣子”さんの回、5/17は小説家の寒竹泉美さんがゲストで登場していただけるようですので是非ご期待下さい!

画像:www.youtube.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

第1・第3・第5週担当DJ

第2・第4週担当

DDプリンセスバナー
PAGE TOP