女性 泣く

5.31放送 第2弾ラジオドラマ!  「ちょうどよいふたり」 寒竹泉美の原作・脚本・演出 

5月は火曜日が5回あるため、5週目である今回の放送は昨年末以来のラジオドラマを公開させていただきました。

前々回、小説家である”寒竹 泉美”さんがゲストとしてきたいただいたのですが、そんな”寒竹”さんの脚本で今回のラジオドラマが公開されました。

”寒竹”さんがゲストで来られている放送回はこちらから http://aftr824.com/?p=595

何にでも合うのが日本酒と強引にまとめた”ほっぺ”さんでしたが、ラジオドラマということで今回は生放送ではなかったのですが、パーソナリティである”ほっぺ”さん、”雨衣子”さん、そして今回の主役とも言うべき小説家の”寒竹”さんはどのようにすごしていらっしゃったのでしょうか?

前回のラジオドラマは昨年末、日本酒推しの”ほっぺ”さん脚本で展開されたラジオドラマとはまた違った感じのラジオドラマ。多くの方にいろんな”何か”が感じられたりしていただければと思います。”寒竹”さんが仰っていましたが、余韻が残る素敵な物語です。

今回のラジオドラマもポッドキャストで配信しておりますのでぜひ聞いてみてくださいね!

 

今回のラジオドラマは「ちょうどよいふたり」というタイトルで、日本リフレクソロジスト認定機構JRECさんの会報誌ホロスで連載させてもらっている小説をもとに製作されましたが、ラジオドラマ制作にあたってスポンサーで小山製麺さんが参加していただいております。

それではまず、スポンサーになっていただいたは小山製麺についてご紹介させていただきます。

logo_orenge
小山製麺は岡山県笠岡市の老舗の製麺屋です。
美人うどんは、体にやさしい雑穀を、ご飯だけでなく麺でも摂り入れられたら…。そんな思いから生まれたそうで、黒米・もち麦・きび・赤米・玄米を配合した健康と美容にいいうどんとして展開されています。

main

細くてもちもちしていて、うどんとしてだけでなくパスタ料理にも使えるパッケージもおしゃれで贈り物にもしても喜ばれるかもしれませんね。また購入するのも通販もされているそうですのでご興味のある方はぜひお試しあれ!

http://www.koyamaseimen.com/

画像:小山製麺

そして今回のラジオドラマ制作にあたってご協力いただいた方々のご紹介をさせていただきます。

ラジオドラマ「ちょうどよいふたり」

原作・脚本・演出 寒竹泉美

出演 寒竹泉美/樹リューリ/柳元麻見/沼田俊也/ほっぺふき子

雑穀物語 美人うどん 小山製麺 http://bijin-udon.com/
協力 JREC 日本リフレクソロジスト認定機構 http://www.jrec-jp.com/
音楽 甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/index.html
製作 FM Hanako

原作小説はこちら(http://p.booklog.jp/users/kanchiku)から。

 

最後に今回は放送された録音ではなく、音声劣化防止の為、FM Hanakoさんのご厚意で使用した音声素材の公開となっておりますので、FM Hanakoさんのタイトルコールがありませんのでご了承願います。

画像:http://free-photos.gatag.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

第1・第3・第5週担当DJ

第2・第4週担当

DDプリンセスバナー
PAGE TOP